読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

矛盾。

f:id:hankakusaizou:20170528163502j:plain

すみれ 里塚店

札幌市清田区里塚1条4丁目

普段の人気店は券売機だろうと、順に席を詰めて並ぶものですが、どうもそのような常識が通じない空間もあるようです。他意はありません。

世間は雨の運動会のようで、お父さんお母さん、お坊ちゃまお嬢ちゃま、爺さん婆さん、お疲れ様でした。こんな日もありますよ。

昭和の頃の運動会っていいや、街の大イベントでお祭りみたいなもんでした。学校の敷地の中でテキヤさんが綿アメやら玩具やら売っていたし、料理自慢の母さん方が顔見知りにおすそ分けだと言って手の込んだ料理をバーター取引。観客席の外れじゃジンギスカンを焼き、孫、甥、姪などの関係者がいるわけでもないけれども会場にいるお年寄り。もちろん、飲酒OK。必然的にギャラリーのボルテージもヒートアップ。(笑)

聞いたところじゃ、敷地内禁煙は普段もそうでしょうが、教育の場だからという理由で”禁酒”だそうです・・・これじゃ、どうにもこうにも盛り上がらない。

そんなわけで、今は関係者がいないものですから、昼時は出張ついでに安上がりな宿を求めやってきた昔の小学生とラーメンです。

f:id:hankakusaizou:20170528163458j:plain

店選びの際

「そんな、わざわざ並んでまでラー・・・」どうも教育方針が間違っていたようです。

「見損なったぞ。」(-_-メ)

「でも、すみれ(さん)ならいいよ。」(^◇^)

f:id:hankakusaizou:20170528163507j:plain

ネギ、メンマ、モヤシ、ひき肉、ラードの光具合、野菜の甘味旨みが利いた美味しい味噌味。西山の縮れ麺。素晴らしい。なんまら旨いです。

f:id:hankakusaizou:20170528163509j:plain

この「感謝」の二文字を見るのも久しぶりです。「全部飲んだらカラダに良くないよ。」とボンズから逆に指導を受けつつも、美味しくて飲んじゃいました。

ある時には「カラダに良くない」と教え、時には完つゆという矛盾した行動を見せつける姿にあきれかえられる程度です。教育者にはなれません。(;^_^A

いやいや、「人間は存在自体に自己矛盾を抱え、悩み、もがきつつも、オモシロ美味しく生きるものなのである。」という教えが伝わってほしいものです。(笑)

微笑。

f:id:hankakusaizou:20170527201135j:plain

そば処 緑寿庵

札幌市東区本町2条5丁目6−12

シフトで働いていらっしゃる方には申し訳ありませんが、土曜日ってのはほぼ開店休業状態です。おまけに運動会の予定日だったものだから、有給休暇の多いこと。それが悪いなどとはまったくもって思っちゃいません(それでいいんです)が、せっかくだから晴れてくれりゃいいものを、生憎の雨でお天道様はこの界隈の小学生をお持ちの親御さんに恨みでもあるのでしょうか。運動会とは別にして、ご家族で笑顔あふれる楽しい時間を過ごしていたことでしょう。

そんなわけで、もはや借り物競争も、子供の成長を楽しむことから卒業してしまったもので、徒然なるままにゆる~くPCのデータを整理したり、溜まっている報告書のリセットには丁度良いのかもしれません。

f:id:hankakusaizou:20170527201149j:plain

人気者です。何がいいって、この甘じょっぱい汁と控えめに個性を主張する更科蕎麦のマッチング。おまけに、海老天ときたら最高でしょ。(^^♪

f:id:hankakusaizou:20170527201221j:plain

珍しく「弁当ないんで連れてってくださいよ。」という同僚に大変喜ばれるこの一杯。コツコツと美味しい蕎麦を提供しようとする小さな父さんに、お天道様も桜吹雪もお客さんも微笑んでくれる海老天なんだってもんです。

軋轢。

f:id:hankakusaizou:20170525202633j:plain

手打ちそば 思君楼 本店

恵庭市本町53

いつものことですが、タヌキそばは甘じょっぱい汁を吸った天カスが醍醐味ですから、嬉しいことこの上ない一杯です。

f:id:hankakusaizou:20170525202637j:plain

海苔の香りだって、たまりません。

f:id:hankakusaizou:20170525202653j:plain

この地に来てみれば、またもや守銭奴です。

8年前に当人が手を加えた結果がこうだ(不具合あり)というのに、また同じことをやろうとしているわけで、カイゼン提案をしろと大上段に構えて詰問されたところで、イイものはイイ、ダメなものはダメと時の某党首みたいな言葉を返すしかないわけで、白髪交じりの長い眉毛の相手は守銭奴ですから耳を傾ける姿勢などあるわけはなく、キレそうな勢いでした。(笑)

なんでも商売にしようとする、燃える闘魂ならぬ”燃える商魂”それじゃダメだろ・・・

いくらオレオレ詐欺でも守銭奴でも、身内や知り合いからはカネをむしり取ろうとしないだろ?

たいした正義感はなくても、是々非々は時折めんどうくさい軋轢を生むことくらい知っています。(笑)

少欲知足。

f:id:hankakusaizou:20170524201811j:plain

ラーメン冬冬

札幌市白石区東札幌2条6丁目7−14

代表取締役VS代表取締役の脇で頷くのもシゴトです。(笑)

A氏「そんなに沢山の売り上げと私益を生み出そうとして、その先にいったい何を目指しているの?」

B氏「・・・。」(;'∀')

A氏「振り返ってごらん。今と比べて売上が半分の頃だって利益は変わらなかったでしょ。?それでも(お客さんも社員も)みんな幸せだったっしょ。」

B氏「・・・、ま・ま・まぁ。」(;´・ω・) 

f:id:hankakusaizou:20170524201837j:plain

大きな声で「ごもっともです。」と言えない時もあります。B氏のお供の自分は冷や汗ものです。(^_^;)

f:id:hankakusaizou:20170524201848j:plain

世の中には大切なのは①顧客②社員③地域社会④株主という考え方もあります。

自分が作ったビジネスモデルではないところを突っ込まれた後継者はつらい部分もあるでしょうね。

ラーメンでした。香ばしいラードの利いた香りと醤油味、プリップリの縮れ麺。もちろん、なまらストライクゾーン。

この地に長いこと根っこを張り生き続けているということは、顧客も厨房で働く父さんも母さんもアンちゃんも白石区の人々も大切にしている証拠です。

ちなみに、山岡家さんは経営理念を変えたようです。額縁に入った「ラーメンでお客様に喜んでもらう」っていうのがなまらシンプルで好きでした。改定後は①顧客②社会③社員の順列となりました。

先日も、グダグダと書き込み致しましたが、資本家のための手段としての存在で居続けるのも、いまさらながらあずましくないと思う夜です。

何であれ、必要な量の富の分配さえあればいいはずです。売上の多寡(株主向け)ばかり追い求めることを求められる日常に「少欲知足」ということを考えるには余りあるほど嬉しく贅沢な一杯だったりします。

平等。

f:id:hankakusaizou:20170523215411j:plain

味の大王 総本店

苫小牧市 字植苗138−3

格差社会です。

嘆いたところで、土地の所有あるいは地権といった概念が成立してから領主と支配下。殿様と家来。地主と小作。今じゃ、為政者とそれ以外の人、資本家と労働者。不平等を嘆いたところで、この国の仕組みはいつの時代も変わらないわけです。

ただまあ、高度経済成長中は平等に近い中流社会だと思っていた(当然事実とは違っていても、そう思って幸福だったんだからそれでいいんです)時代が終わって、どんどんと格差のΔ値が増大し、それが不平等だと気が付いてしまっって、おまけにいろんな媒体で個人が発信できるようになっちまったもんだから質が悪い。

ガイシャでやってくる御仁にも格安リース車でやってくるサラリーマンにも、券売機でチケットを買えば、平等な笑顔で迎えてくれるカレーラーメンです。

f:id:hankakusaizou:20170523215420j:plain

一体どれほどのタマネギやジャガイモを剥くのでしょう。

まさしく、カレーラーメンになるために作られた一杯です。世の中には、"カレールーのっけラーメン"もあるわけですから。(笑)

f:id:hankakusaizou:20170523215432j:plain

紙エプロンは無料提供。室蘭地区のカレーラーは有料のところが多いような・・・)

f:id:hankakusaizou:20170523215436j:plain

この街の発展や平等な満足感はカレーに委ねるしかないのかもしれません。

ちなみに、夕方の会合のホテルのコース料理の美味しかったこと。偉い方もそうでない自分も、同じものが提供されるんです。平等です。

不平等な社会の中にある平等。許容できるかできないかは別にして、現実にある不平等でさえ飲み干してしまえればいいんで・・・と思いつつ、完汁。やっちまいました。(;^_^A

f:id:hankakusaizou:20170523222506j:plain