じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

しもべ。

f:id:hankakusaizou:20171115180424j:plain

子供たちが大人への階段を登るが如く、失業者認定の説明会へ出席。

どうやら失業保険をもらうには、概略として①1回/月の失業認定の日まで2回の就活②指定された日時には必ずハロワに出頭。ということが条件のようです。

そこで、就活の定義というのか具体的な内容の説明なんぞが多々ありまして・・・

最後の説明がキモ。

「失業認定報告書には嘘を書かないでください。後で調べます。あなた方、あるいはあなた方以外の方が収めた税金を運用するわけですから。」

これが言いたかったんです。

流石、厚労省

行政の大切な仕事は、予算の適切な執行。不適切な予算の執行は立場を危うくする。

杓子定規なご説明。しかと賜りました。

 

にしても、"道・市民税" "年金" "健康保険" 都度、問い合わせ、あるいは窓口に行けば「どうしますか~?銀行振込にしていただけると・・・。」(^^)/。と、お金を収めてほしい時は、マイナンバーを駆使した調査の末、やたら下手で請求に来る。

か、しかし、が、しかし、向こうが払うときは自己申告。手続きを複雑化。

そりゃ、性悪説でいくと虚偽の申告をするよからぬ輩もいることは間違いないわけで、かといって、公僕にも悪い奴はいるわけです。大多数の小市民は性善説的な日本国の義務教育を受けた忠実な僕なわけです。

お上は僕に対して「お困りですか?こうされてはいかがですか?」といったことはなく。

まじめにやれよな!的制度。

白装束で「上」と書いた直訴など直接手渡しは御法度、打ち首、獄門、島流し的な思想がまかり通っているようです。

未来永劫、三方一両損みたいな大岡裁きは成立しないのかもしれません。

そんなわけで、最近下火であっても勧善懲悪の時代劇に夢を求めることもあります。

来週、出頭する予定の忠実な僕です。(笑)

計画。

f:id:hankakusaizou:20171108175424j:plain

日本人の三大義務ってやつです。

教育を受ける義務、勤労の義務、そして納税の義務

普段は、給与明細を見て「結構な額だなぁ・・・」くらいで見る程度だったけど、離職すると迅速に請求。「耳そろえて、まとめて払えよな。おう!」ってことになりました。

義務だから、いいんだけどね。

ここんところ、ハローワークや、社会保険の任意継続やら、国民年金の手続きで窓口の方と接することがあるものですが、公僕の方々って意外とと言ったら失礼だけど親切です。

そりゃ、彼らはお金をもらう方だからね。こちらは、どんどこお金を払う”お客さん”(笑)

サラリーマンを辞めようとしている方は計画的に。現金がそこそこ必要だからね。

会社員ってのは、そんな事務代行をやってくれる仕組み(組織)が備わっているというありがたい側面があるんだなぁ。

f:id:hankakusaizou:20171108181501j:plain

現金。

f:id:hankakusaizou:20171107112313j:plain

 

ほんの一時世話になった派遣会社に確認したいことがあったもので、営業のあんちゃんのケータイにTELしたら、出ない。しばらくしてもう一度TELしたら、着信拒否に・・・

事務所にTELして内勤のオネイチャンに対応してもらったからいいけど。

此方が迷惑かけたほうで、向こうが迷惑被ったのはその通りだけどね。

先般手続きした、年金と健康保険。

不明な点があったもので、電話したらこれがまた親切、丁寧な対応。そりゃ口座引き落としの件だから嬉しいのかな。?

あっちを向く人、こっちを向く人。

めんどくせえ奴とはできるだけ距離をおいて関わらないようにする。かといって、めんどうくせえ奴と関わらなきゃいけない場合があるわけで、そんなときは当たり障りなく付き合うってのがオトナだと思うんだけどね。

どっちも、現金なものです。(笑)

就業まで今しばらく暇だな。何しようかな。

 

 

 

一歩。

 

f:id:hankakusaizou:20171103175801p:plain

他意はないんですが、たまたま知っている会社が求人サイトでパートさん募集をしていたもので電話。

「あ、元気だった。?お酒飲みに行こうって言ってたけど忙しくてさ。」

「まあ、それなりに。でね、求人出してますよね・・・」

「じゃ、明日、社長来るんだけど、電話来たこと話したら会いたいって言ってるから来れる。」

「はいはい。」

 

「パートでいいの?」

「いいですよ。この年で正社員ってのもないでしょう。準社員とか、非正規でかまいません。社会保険適用してくれたら。」

社会保険はいいんだけど、世話になってたのにパートってわけにいかないっしょ。申し訳なさすぎる。」

「いやいや、いいです。大丈夫だから。」

「やりたくないこと、できることって分けたらどう?」

「まあ、ノルマってやつからは解放されたいし、できることと言えば・・・それを除けば・・・くらいです。」

「わかった。でもさ、そんなわけにいかないよな・・・。どうするのがいいかな・・・。」

 

どうやら、ボクの事を知っているだけに使いきれないと思案している様子。悩ませてゴメンね。

和やかな面談で、こちらが、パートでいいと言っても、「そんなわけには・・・」どういう意味か良くわからないまま、「まあ、其処だって年間の売上の計画やら経費の計画やらってもんがあるから、求人はパートなんだからな。ダメか。(´;ω;`)ウゥゥ」

最後に「お忙しいところ、貴重なお時間ありがとうございました。」とちゃんと挨拶。

でもって、「明日も就活頑張りますわ。」と別れて一時間ほどでTEL。

正社員。給料とか手当とか詳細は後日。その代わり、時間から時間ではないし、色々と希望した内容以外の事をお願いするけどいいかな。」

「あざーっす。」びっくりした。( ゚Д゚)

本当は、スキルっていうのか今までと関連したシゴトはちょっとなーと思っていたのですが、既知の社長さんにネガティブな退職の理由、今現在の気持ちと将来の事、正直に話した。それでも受け入れてくれるようです。

決まっちゃったから、今月末まで暇。(笑)

本当の希望は、所得はさておいてダウンシフトというのかスローライフなので

①時間から時間

➁責任少ない

サービス残業無し

社会保険適用

①と③はかなわなかったけれど、そんなに大切に思ってくれる方々がいてくれたということは、感謝しきりです。嬉しくってが出ます。

一歩前へ

 

リセット。

f:id:hankakusaizou:20171024165400j:plain

失敗こいた。

あれほどの肉体労働とは思わなかった。

二週間ほどでココロ折れたシゴト。短い勤務だったもので雇用先の派遣会社から

健康保険(社会保険)NG

厚生年金NG

なわけで

区役所に国民健康保険って月いくら?って電話で聞いたら、二人で、¥74,140/月 ( ゚Д゚)

でもって、同じように協会けんぽに、任意継続ってやつにしたら月いくら?って電話で聞いたら二人で、¥33,236/月。

任意継続の勝ち!

厚生年金がNGなら、国民年金にするしかないので手続き。問答無用の¥16,490(一人)×2=¥32,980/月。

自営業者となりました。

この二点だけとらえれば、今更ながらですがサラリーマン≒企業ってのは制度上、優遇されているんだということです。だって、100%所得を把握されているから。(笑)

どんなシゴトも大変です。脚・腕はかなり復活。腰のけだるさが取れればほぼ復活。

まあ、その人の存在自体が社会悪ではないと思っているのです。適材適所。

どうも噛み合わなかった。

そんなわけで、恐怖の歯車・・・ギャーッってことがないよう、慎重にゆるりと仕事探しをリセットしマウス。