じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

温。

f:id:hankakusaizou:20170808191805j:plain

花丸

札幌市清田区美しが丘三条7-1-33

台風ってやつは気まぐれで、あっという間に着て去っていったり、今度のヤツは「自転車並みの速さ。」というから、よーく天気予報を見ていたら25㎞/hrで、まあそんなもんかとサイクルコンピューターのAVE.を見たら、自分にとったら「速い自転車並みの速さ。」です。(笑)

A・猪木先生のように、「来るなら来い。」そう呟いている御仁もいらっしゃるでしょう。あー週末の予定が・・・。

f:id:hankakusaizou:20170808191830j:plain

速く過ぎ去ってほしいもの、余韻を楽しみたいもの。

人ってやつは、わがままなもんです。自然には勝てません。そんな毎日の傍らに嬉しい一杯が笑顔で迎えてくれます。

もはや残暑かと思える温かさに負けないで、なまら美味しくて温かい一杯でした。

当然無理だけど、この味噌分けてくんないかな。(笑)

f:id:hankakusaizou:20170808191836j:plain

 

風情。

f:id:hankakusaizou:20170807222818j:plain

松盛庵

札幌市北区屯田6条7丁目1−1

ホッカイドーの周りの海にいたはずのニシンの姿が減少し、今となっては高級魚となって久しい今日この頃です。かと思えばイカが不漁というじゃありませんか。ついでで申し訳ないですがサンマも漁獲量が少なくなっているとのことで、それが人為的なものなのか海水温の変化なのか、知る余地もありません。

f:id:hankakusaizou:20170807222843j:plain

そんなわけで、イカせいろ。

惜しげもなくイカ刺しをガラスの器に盛り付け、蕎麦と一緒の冷たい汁で召し上がれ大作戦のようです。

イカの上にのった刻んだ大葉、薬味のショウガ。さわやかな感じでこれはこれでいい感じの夏限定メニューです。

あれほど暑かった7月上旬。これくらいの暑さがいいよねだった7月中旬から下旬。したっけ、またこの暑さ。

季節が与えてくれる情緒ってのもあったもんじゃない。とはいえ、コスモスが咲きトンボが飛ぶ姿に秋が近づいている証拠です。

同時に、激安ストアの周りをどう見ても中学生か高校生であろう金髪にしたおこちゃまがタバコをふかしながらチャリンコを乗り回す姿を見ると、これも風情なわけで、あー・・・夏休み真っ盛りなんだと思う〇〇〇区です。

動。

f:id:hankakusaizou:20170807220405j:plain

退職日ケテイ!

動き出しました。

ノー天気な猪突猛進、空気読めない上長から、「時間ある?あの件なんだけど・・。」(待ってました。)

放置もたいがいにせーよ。法的には2週間。社内規則じゃ1か月。何も動かねえんだったら労基に泣きついてやると思った矢先。やれ冬のボーナス時期までとか、違う部署を作って・・・と懐柔しようとしますが「結構です。」「そ・・そうか。」

近所の文具店で、封筒と便箋(白地)を購入。ネットに転がっている情報を基に「退職届」ってやつを書いてはみるものの、いかに普段文字を書かないものか・・・

下手さ加減に悪戦苦闘。それでも、自分なりに構図や見やすさが納得できる範囲になったとさ。

日ペンの美子ちゃんにペン習字を習っておけば良かった。(;^_^A

成長。

f:id:hankakusaizou:20170806215623j:plain

ラーメン山岡家 東雁来

札幌市東区雁来7条1丁目4番32号 

笑顔ってやつはいいもので、小さな子が父親や母親を見上げ話しかけるしぐさというのはいつの時代でも変わらなく可愛らしいものです。

かと思えば、保護責任者としての自覚に欠けているであろう親子関係の存在をニュースで見たりするとやりきれない思いがめぐる今日この頃です。

f:id:hankakusaizou:20170806215629j:plain

ボンズ1号の誕生日です。

暑い夏に生まれたんだっただね。内儀が「もう絶対生んでやらない。」と叫んでいたことを走馬灯のように想い出が駆け巡ります。そら、大変なんだろうね。

f:id:hankakusaizou:20170806215658j:plain

しばらく顔を見ていないボンズに、内儀が誕生日おめでとうとEメールすると、返信は「生きてます。」

もうちょっと、ウィットというのか捻りを加えたバックドロップ的な返信をできない辺りは、親の教育、いわんや自分のせいだと思うしかありません。(笑)

f:id:hankakusaizou:20170806215723j:plain

そんなわけで、ラーメンでした。

人は生まれ、成長し、やがては老いていきます。それに抗うことなく自然体で受け入れるという姿勢を忘れてはいけません。お雛様みたいな眉毛のレジェンドと呼ばれるジャンパーにも似た厨房のアンチャンが拵える一杯はいつもよりしょっぱくなかったりする気がしますが。それはそれ、ヤマオカさんの味わいの一つで、人生もラーメンも取捨選択、一期一会なんだと受け入れる度量は持ち合わせています。

横綱は立ち合いで変化せず、一度は受け止め、まわしをつかんで"さあ何してやろうか"といった度量が必要です。

いかんせん、横綱にもなれない小動物ですから、今の現実を幸せだと思うのが関の山です。

思えば、手をつなぐ親子の姿、あの頃はかけがえのない時間だったわけです。その日その時に対峙する一杯にも同じくらい愛情をつぎ込む度量を鍛えなければいけません。

驕。

f:id:hankakusaizou:20170806053844j:plain

ラーメン寶龍総本店

札幌市中央区南6条西3丁目

宴会は焼肉だったわけです。タベホーとはいっても敵もなかなかのもので、どっさりと豚バラ、鶏、ホルモンなどなどの皿から始まり、それを食べつくさないと和牛(ホントか?ま、どこ産でもいいんだけど)と称した牛肉を出してくれないというシステム。

ポジション取りに成功。アマチュアとはいえカミソリファイターの如きキックボクサーが同じ卓を囲みます。やはり格闘技をやるには肉が必要なんです。あっという間に牛肉にたどり着くわけで、どんどこ「サガリ」「カルビ」・・・と追加注文。お店の戦略に勝ったような気がします。(^_-)-☆

f:id:hankakusaizou:20170806053905j:plain

宴は進み、人間ドラマです。酒が進むと酔っぱらいは移動したがるもので、とある卓は悪の帝王一人ぼっち。誰からも相手にされない。(笑)

大きなお世話ですが、間もなく迎えるであろう定年後、町内会やら威張りまくっていられる会社生活以外で居場所を見つけられるのでしょうか。

『威張っちゃダメよ。驕るのもだめよ。謙虚にね。何かを頼むときは「お願いします」何かをしてもらったら「ありがとう」。そんなことさえ言えない輩になっちゃいかんよ。』と、キックボクサーが屈強そうな拳を握り、悪の帝王とのエピソードを交え入社間もない後輩に諭す姿に未来はそんな悪くないような気がします。

ラーメンでした。

飛び交う外国語。国際色豊かな今のすすきのの姿です。さすが老舗の味。

この地で永く続いているということは、驕ることなくTHEサッポロラーの伝承者としてのポジションをラーメンの神様に認められたんだと思います。美味しかった~。

f:id:hankakusaizou:20170806053951j:plain

まったく関係ありませんが、宴会前のウォーミングアップに寄ったビアガーデン。(^◇^)うめ~。