じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

すろーりびんぐ

ゲロッパ。

同じ部署の面々がノー天気な上長に集められ、「そういう事になったから。」と説明。 一同、ふんぞり返るものの、一名は冷静。(昨日、聞いていやがった。(笑)) そんな神妙な顔をしなくとも、ほんとはオメラLINEあたりで知っていたべ。(^◇^) やっぱり…

慎重。

ノー天気な関西人が所属する部署の面々に、「・・・今後についてミーティングを・・・、日時は・・・」と社内メール。 同じ部署のアンチャン「意味深なメールですね。なんか聞いてます?」 本当は知っている自分「さーね。なんか話あるんでないの。」 もちょ…

進。

公表日ケテイ! また一歩進みました。 本店の偉い方に退職届が受理され、盆明け退職の件を事業所の面々に公表する日程が決まりました。 なにか面白いこと言ってあげないとねぇ。 永年痛めつけてくれた奴に対しオブラートに包んだ恨み辛み嫉み妬み・・・だけ…

動。

退職日ケテイ! 動き出しました。 ノー天気な猪突猛進、空気読めない上長から、「時間ある?あの件なんだけど・・。」(待ってました。) 放置もたいがいにせーよ。法的には2週間。社内規則じゃ1か月。何も動かねえんだったら労基に泣きついてやると思った…

辞。

嗚呼、悲しき中間管理職。 「少しだけお時間いただけますか?」と、帰社後ガストにケータイで呼び出し 「いーよ。」「で、何?」 「私、この会社辞めようと思います。」 「えーっ!」何で・・・ 「まあ、かくかくしかじか・・・でございまして。」(神妙な面…