読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

ジンギスカン

成長。

豊平峡温泉 札幌市南区定山渓608-2 春休みでしょうか、あんちゃん、ちゃんねーが集う日帰り温泉です。先程まで同じ露天風呂にいた図体のでかいあんちゃん方は、さながらニンテンドーDSと同じようにスマホをちょしながら、得点をあげようと匠の指導を元…

発明。

あづま成吉思汗本舗市原精肉店 勇払郡厚真町表町3 あけましておめでとうございます。 誰しも正月はやってくるものです。 思えば、元旦営業ってのはダイエーが始めたはずで正月は正月なわけだから休めばいいのに・・・マイカルグループってのもあったな。今…

大らか。

松尾ジンギスカン本店滝川市明神町3丁目5−12 どんなところにもルールがあるもので、ゴルゴ13は、"利き腕を他人に預ける習慣"や"後ろに立つ事を拒否"するわけです。まだ来ないかなと、このお店のルールが記載してある「美味しい食べ方」を熟読している…

必然。

インドアジンギスカン 三時のおやつは文明堂で、星飛馬のライバルは花形満であって左門豊作は今ひとつだったわけです。なんでも"必然"ということが存在しているものです。ホッカイドーに住んでいるからには、ジンギスカン。そりゃ新築当時は、ちょいと自分ル…

おあずけ。

何かあったらジンギスカン。何もなくてもジンギスカン。このカタカナ6文字の誘惑に負けることはあったも、勝ったためしはありません。世間は紅葉狩りということで、元気に遠出していらっしゃるようですが、それも良し。もちろん、ジンギスカンも良し。こん…

取捨選択。

ぼくぜんホッカイドーに住んでいりゃあ、ベルかソラチかの二択を迫られ必ずどちらかを支持することで議論が交わされます。なまらいい加減な二大政党制がこの地には根付いているわけで、どっちが保守だ革新だとかそんなところまでたどり着くわけもなく取り留…

実力。

ぼくぜん伏古店 札幌市東区伏古1条2丁目6L-カルニチンが欲しくなったわけで、つい先日家の中でシツコイ臭気に苛まれたことも健忘症なのでしょうか、食べたいったら食べたいわけで、いつも通り♪老人と子供のポルカを口ずさみ入店です。連れのアンちゃんは、「…

パパヤー。

ぼくぜん 伏古店 札幌市東区伏古1条2丁目6店名を見れば嬉しくなって口ずさんでしまうのも仕方ないものです。500円で"ジンギスカン"定食。この誘惑のカタカナ6文字。甘目でゴマ油の利いたタレに浸けこまれた柔らかジンギスカン。旨いわ。ご飯も旨いわ。つ…

ヒリヒリ。

フロム24マラソン (from北24条toドリームビーチ:24?)少し走ってジンギスカン。青い空。白い雲。きれいな水着のオネイチャン。そうでないオネイチャン。モンモン背負ったオネイチャン(怖)。なかなか、AKBのコジハルやマリコサマのようなオネイチャンが…

帰省。

何かあったらジンギスカン。何もなくてもジンギスカン。 暖かく迎えてくれる事がありがたい。自分のDNAの一部と化した味のジンギスカンがありがたい。墓参りに行けば、他人様のお墓「山岡家」「け」と読まず「や」と読んでしまうあたりが、重傷かもしれない(…