じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

いんじゃねぇ。

$ゆるくないべさ Vol.2
赤れんが
札幌市東区東苗穂六条3-3-1

丼ものは好きです。
カウンターの中にトドだったかアザラシの真似をしていた芸人さんwithの写真がありました。こんな(失礼)街はずれにも何の加減か芸人さんが来ることもあるんですね。TVを見りゃお笑い芸人たちがたくさん出ていたりして、どれを見ても同じようなもんでちょいとフリートークの上手そうな人たちが重宝がらっるようですね。フリートークが下手ですから、誰にも重宝がられません。(笑)
そんなわけで、ドライバーはあのハタラクオトコたちの社交場「味禄」へ向かいたがっていましたが、「ここでもいんじゃねぇ。」と誰かがいうものだからココです。(俺でした)けっこう人気あるね。「味禄」にはかなわないけど、ここも味のミラクルワールド。何でもあり。写真はブレても、ラーメンはないわけでなので、ココロはブレずランチの「親子丼(コーヒー付き)」720円。

濃い味が好きと言われるホッカイドー人ですから、自分で料理を作りゃ、濃縮つゆを3倍に薄めて・・・というところを2倍くらいで・・・ということもないですが、とにかく濃い味に傾倒するわけです。
やわらかい鶏肉、ふんわり卵。なにより程よい味の濃さ。キホン喫茶店なんだろうけど、温かみのある親子丼。
とはいえ、ラーメン食いたい。