読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

完結。

$ゆるくないべさ Vol.2
藪北蕎麦 守田屋
札幌市白石区本通13丁目南10-12

どうもこうも、冬は家にいることが多くて、晩飯は何がいいと聞かれりゃ「混ぜご飯いいねえ。鶏釜飯。いやいや、パエリアとか洒落込んで、どうよ。」「ほいじゃ中華で回鍋肉もいいんでないの。」「ジンギスカンはこの前食ったから、カレーは?」と、言えど矢継ぎ早に、やれ、「オボッチャマがニガテ。」だったり、「あたしらつい先日食べたべさ。」なわけで、全く別な路線の食材をカゴに入れる昨日の午後でした。
ま、いんだけどね。世の中の台所を預かる母さんたちは、来る日も来る日も我儘な家族のためにに献立考えなきゃいけなくてタイヘンなのさ。

そんなわけで、ほとぼりが冷めたころにまた来てしまいました。何のほとぼりかは別にいいのです。お気に入りのお蕎麦屋さんの一つで、「銀河系で一番カレーそば」って書いてあるあたりもお気に入りなのです。
ちょいと大人向けの甘さ控えめすっきりカレー。「銀河系で一番」と言ったもん勝ちですから、ほかのカレーそばは銀河系で二番目か、宇宙で一番なのかは、それはそれでいいのです。
カレーそばは偉大な発明だと思います。ニッポンの伝統に裏打ちされた蕎麦。舶来のカレーにダシとかえしを融合させ、見事なまでに一つのメニューとして完結させている。インド人もびっくりでしょう。(笑)最後に、蕎麦湯で割ったら、「やるな。」実力がわかります。他のおすすめは「つけ鴨南」。間違いなく旨い。いい仕事しています。

ただ、昨日からカレーが食いたかっただけです。満足。ペタしてね