じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

温泉に行きたいな。

$ゆるくないべさ Vol.2
たも飯店
札幌市東区伏古4条3-4-30 マルカツビル1階

若い男の方は、この日に何を思い女性に様々なものを捧げるのでしょう。こちとらおっさんですからAM11:35頃まで、全く知りませんでした。そんなささやかなお遊びも消費動向の一つとしては大切なことなのだと思っています。いっそのこと、毎日が「〇×DAY」と決めておいて、毎日お祭り騒ぎだと・・・小遣いがなくなりますか。(笑)
などとムダなことを考え、なにかにつけ満たされない思いをかかえ白日は過ぎていくわけです。「西山製麺」の文字が入った黄色い暖簾に誘われて、カウンターしかないお店の椅子に座れば、ラーメンが無いのです。お店の名前から行けば「中華料理中心のお店だべな。」と、思うのが己の浅はかさでした。それはそれで、そば・うどんも好きですから、ランチメニューの「えび玉丼セット」。
ニシヤマさんは、どんな麺でもあるわけですから、ラーメンがなくったって、そばうどんがあったっていいじゃないですか。グラスの底に顔があったっていいのと同じです。
世の中、甘くはないのですが、甘めのそばつゆエビ玉丼。これはこれでお得なランチメニュー。

なにげに店内を見渡せば、これって何????

$ゆるくないべさ Vol.2
そりゃあ、満腹でしょう。これじゃ3人前はあります。メガ盛りこれに極まれりってところでしょうか。(笑)凄いわ。そうか!3人で食えばいいんだ。
$ゆるくないべさ Vol.2
昼飯を2回も食べるわけにもいきません。「ラー」魂がくすぶっています。ココロノコリです。そーだ!学生の頃「ヒラギシやススキノには、あたしゃこの方の支援者だったんだぜい。」という自慢話!?が飛び交っていました。みなさん、大御所だったようです。真狩温泉に行きたいな。