じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

バトルは続く。

$ゆるくないべさ Vol.2
まる吉
札幌市東区北41条東20-1-6
$ゆるくないべさ Vol.2最近できたのは知っていましたが、行動力が無いもので今頃着てみました。何でも得意技といいますか見せどころのカタチってものがあってしかるべきだと思います。G馬場には32文キック(飛べなくなったら16文)、A猪木の卍固め消臭力長州力のサソリ固め・・・そうです、そこまでしなくても・・・麺とチャーシューが硬めだったんです。コク丸醤油。コク丸の「コク」は焦がしニンニクでしょうか。「丸」のほうはナッツ系の香りと背脂なのかな。全体的には、まあサッポロには馴染みの深い感じのラーってところです。プロレスでも相撲でもその人の「カタ」ってもんがあるんだなあ。「硬」じゃないんだな。
驚きの連続じゃ、シンゾーにもよろしくないし疲れてしまいます。奇をてらうとか刺激ばかりを追い求めているわけでもありません。プロレスを見に行けば秀逸な野次があります。?腕を掴まれ振られたのにロープに飛ばない。「付き合えよ。」うまく説明できないのですが、?ぎこちなくかみ合わない地味なカードで「もっと、盛り上げろ。」プロレスは、プロのレスリングぢゃない。まあ、ラーメンとは、今までもこれからも、永い付き合いをすることになるのだと思うのです。コトバに出さなくとも厨房とカウンターのバトルは続くのです。

$ゆるくないべさ Vol.2びっくりした。昼間見たガソリンスタンド。
こんなんなったらクルマ転がせないっしょ。経費で落ちるんならいいかもしんないけどなぁ。などと思っていながら通り過ぎたのですが、帰りがけにクルマのハンドル握れば燃料計は「E」近く。
「ハイオク満タンよろしくね。」
「毎度ありがとうございます。」(笑)

はやく夏タイヤ履きたい。