じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

善い行い。

$ゆるくないべさ Vol.2
うどん処 杉
札幌市清田区里塚一条1-2-20

しばらくぶりのうどんです。
このお店の角煮が気になっていたのです。清算したので少しだけ小遣いをもらったような気がしていい気になってオーダーしました。

世間はいろいろと動いているようで、内地の方と何とかつないでくれないかと言われちゃってもね、相手がお休みなのはわかっているので、何とかしてあげたくても何ともできない。自分にそういう理不尽な依頼を急に頼まれても返事ができないものはできないわけで、ご理解くださいな・・・・。不埒な輩です。困ったものです。

言葉を発する前に全体像を鑑み、理解したうえで話し合いができないものなのでしょうか。
できないからそうしているんでしょうけどね(笑)

大切なのは普段の行いです。

$ゆるくないべさ Vol.2
トレイに乗ったうどんとダシ。
「味濃かったり、食べ終わった後で蕎麦湯のように・・・」と、笑顔で解説していただきました。

とりあえず、おいしくうどんをいただいた後に、レンゲでダシだけすすってみたのですが、これだけで旨いんでないの。素晴らしい。広がる磯野カツオ。ラーメンと同じくゴックンしちまいました。

$ゆるくないべさ Vol.2

濃いめの味に毒されたバカ舌なもので今日は、少し薄味に感じました。
そうはいっても相手はプロ。絶対に、普段から善い行いといいますか、まっすぐな仕事をしているんだと思います。

このどんぶりの色が、山岡家に見えてしまうありも愛おしく思えるのです。