読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

夏の日。

$ゆるくないべさ Vol.2
八飯店 札幌店
札幌市手稲区富丘一条4-5-38

夏が来たようです。WOW
こんな暖かい日は海へ行くつもりもないのですが、とりあえず海に近いほうへ向かってみましたとさ。
海っつーより線路際を流れ流れて、ここまで来ますた。演歌のようで演歌ではありません。
道内どこでも「三八飯店」といえば大変お世話になっているわけで、この系譜には諸説あるようですがどこへ行ってもアンカケ焼きそば中でもここがイチバン旨いんだなあとつぶやいたところで、完全なる征服ができずに西岡が漏れているあたりがお漏らしな年頃なんだと思います。(笑)

$ゆるくないべさ Vol.2
大盛りは+250円。
相席のお兄ちゃんが大盛りです。これは危険な状態です。

知らない人が大盛り完食に苦しんでいるとはいえ、今そこにある危機を尻目に、いつもの通りあの歌が走馬灯のように響く夏の日。アン!

自分さえよければいいと思う、我欲にまみれた自分も、容姿は置いといてかわいいものです。
いやあ・・・旨かったわ。アンカケの王様。