じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

独りよがり。

$ゆるくないべさ Vol.2
手打ち蕎麦 久
札幌市東区伏古五条2丁目2-7

本日の入店第一号の座をゲットしてしまいました。蕎麦は気温20度を超えると風味が飛びやすいと某蕎麦の先生におウカガイシタこともありますが、7月でもこのクオリティの高さ。
素晴らしい。
深い意味はないのですが、こんなお蕎麦屋さんがたくさんあると嬉しいものです。
当然、前客はいないのでさらっとした蕎麦湯。いいわ。
杏仁豆腐の甘さもいい加減!
満足。

少し疲れました、どこの会社もそうですがみんなギリギリでやってるんだと思います。ギリギリでやってるうちの一人の持病が悪化、入院。さあ大変!
うごめく人間模様。
あらま、困っちゃいましたね・・・それだけかい?
こんな忙しいときに休まれたら・・・明日は我が身だっちゅーの
その分野は他の部署に任せて・・・オタクの事情で全部回されても困るべさ。
テキトーな事ばっかり言いやがって・・・ヾ(▼ヘ▼;)
今そこにある危機マンパワーで何とか乗り切るべという輩の少ないこと、人間性クイズ状態。

少しずつ力と知恵を出し合うことを考えてほしいものです。
おーっと、こんな独りよがりの発想は危険です。

食べ終わったら父さんが出てきまして、母さんと二人でお見送りいただきました。マークされているのかな?まあ、これも独りよがり。気のせい、気のせい。

長い棒に短い棒支えあったら人になる。

ここの父さんと母さんも嬉しそうな顔です。こんな顔が旨さの秘訣なんでしょう。