読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

しつこい。

そば 豊平区

$ゆるくないべさ Vol.2
そば屋 けん豆
札幌市豊平区平岸5条7-8-27 新晃ビル1F

特に深い意味はないのですが、「大阪王将」に引き続き「餃子の王将」が出店しまして、すでにアタックした方もいらっしゃるのだと思いますが、あの行列!すんごいですね。北の町で餃子戦争勃発です。ほとぼりが冷めたころにイッテみましょうそんな風景を通りすがりに見たからには、熊猫のお子様が生まれたと聞いたので「パンダ」にのぞむわけですが、3台は止められるであろうPにでっかいランクル。謙譲のココロがあれば食えただろうに・・・。こだわらないのがいんです。こだわるということは、自分のココロが受け入れられない状況で、己の意志が達成されない場合といった、ストレスと重なる部分が発生するので、ストレスは腰痛・肩こりの主原因らしいですから、こだわらないことにします。
なんくるないさと止められるわけでもなく所在無げにふと気になるお店を思い出し入店。

プツプツの手打ち蕎麦。
こだわりがあるんでしょうね。ホシっていうやつがいっぱい。
何より食感がいいです。
そばつゆはやや甘目。いい感じ。

自分の日常は甘くないわけです。

$ゆるくないべさ Vol.2
カリッとウィスキーでもいい。

$ゆるくないべさ Vol.2
そば粉10、うどん粉(小麦粉)1の割合で打ったそばを外一と呼ぶのです。

十割がなんチャラと薀蓄を垂れる、蕎麦ツウもいらっしゃいますが、それは真実ではないと思うのです。それぞれの構成要素として大切な役割があるのです。操るのがプロの技だと思います。感動の蕎麦。いかったわ。

どこかで、こんな感じの蕎麦を食べたのですが、忘れました。思い出せない自分に憤りを覚えもせず夜は更けるのです。

最近は流行なのでしょう。どろっとした蕎麦湯が提供されました。
どっちかっていうと、さらっとした蕎麦湯が好き。

甘くない日常も自分の一部だと思い、愚痴っぽく毎日が過ぎ去る。
蕎麦でも蕎麦湯でもゆるくないことも、飲み干してしまいたい。小動物には苦手な技です。

飲ませてください・・・。

しつこいから、寝るわ。