じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

サンタさん。

$ゆるくないべさ Vol.2
麺屋 さんた
札幌市中央区南24条西15-1-11

ホッカイドーにも夏がきましたね。暑いですね。そんな日はラーメンを食べようと心に誓いを立てたところまではよかったのですが、やっぱり暑いのです。
サンタさんは北半球では成立するお話で、行ったことがあるわけでもないのですが南半球じゃおそらく今は真冬なんでしょうね。チューことは、グレゴリア歴の12/24は、南半球は真夏でサンタのオジサンは白ひげに赤い帽子とコート・パンツのムクムク防寒ワークウェアで登場するわけはないのだろうなあ。暑くて、顔まで真っ赤で大変なことになっちまうんだろうなあ、赤ふんだったら和風過ぎるし、困ったもんだな・・・とよからぬ想像力だけは働くのです。

そんなわけで、さんたさんです。

$ゆるくないべさ Vol.2
悪気はないのですが、ラーメンは手振れでした。すみません。

メニューの「・・・自慢のダブルスープ・・・」を見た瞬間に、けんじってお笑いの人もいたな・・・三人そろえばトリオで、トリオっちゅー音響メーカーはKENWOODにした理由が、「トリオって陳腐さが・・・」って誰かが言っていたっけな。てんぷくトリオぴんからトリオうなづきトリオ・・・時代の流れなんでしょうね。

あ、ラーメンです。
厨房の暑さが伝わる一杯。
炙ったチャーシューはいいな。メンマは中途半端に塩が抜かれた感じ、麺はTHEサッポロラーメン的な縮れ麺。

全体としてそこに小宇宙が存在するかのように、努力の過程で、足すのも良し、足して二で割るのも良し、「ウィスキー。ミルクで割ってカウボーイ。」焼酎のお湯割りは、焼酎にお湯を足すのか、お湯に焼酎を足していくのか、それが問題です。

とにかくサッポロには通年営業中のサンタさんがいるんです。北半球も南半球もないのです。猫には肉球です。プニュ〜。
ばかばかしくて、どうもすみません。そんなわけで今日はお別れです。