じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

一喜一憂。

$ゆるくないべさ Vol.2
天政
日高郡新ひだか町静内御幸町1-1-16

札幌は暑い日で31度もあったそうですね。これで熱中症になる方もお気の毒です。深い意味はありません。たぶん同じホッカイドー人だから同じことすりゃ同じ風になるんじゃないかと思う次第です。
そんな事を予測してか知らずか、エアコンの効いたクルマで太平洋岸を心地よく走るのです。♪サザエさんサザエさん今日もなまらいい天気〜
なかなか昼飯にたどり着けず、同乗のおっさんに誘導されたのはここです

$ゆるくないべさ Vol.2「げっ!こんな高そうな店やめるべ。」といった静止を振り切り入店。「ゴッチすっからさ。」「いやいや、そんなわけには・・・ヾ(@°▽°@)ノ」
「じゃ、うにイクラ丼で。」
「何言ってんだよ、太平洋にはウニ、イクラ以外もたくさん泳いでるんだからよ。」
確かにそうです。真実だと思います・・・。真理を求めたどり着いた名言です。

握りも大きく、どれもこれもハイレベル。
幸せ。
楽あれば苦あり、損して得とれ、上を下への大騒ぎ、忙中閑あり、捨てる神あれば拾う神あり、何でも相対する二極を内包し日常は過ぎ去るってものです。不平不満をつぶやき続けるよりも、目の前にある小さな幸せに一喜一憂する小市民もいいものです。


やっぱり、ウニはいいなぁ。
ウニは素敵だなぁ

どうでもいいですが、左の写真は入り口にあるでっかい木。気になる木ではあります。