じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

信用力。

$ゆるくないべさ Vol.2
らーめん侘助
札幌市東区北21条東16丁目2-29

世の中の商売ってやつは、何らかのインセンティヴを与えないといかんと、ポイントカードやら何やらを配ってくれるものだから、「えーと、これはここで、あれはそれで、なにがそれしてアーだから、よろしく頼むわ。」っていう感じであちこちに沢山あります。誠実に持ち歩いているお店のカードの一つがいっぱいになったのです。

昨日から心に決めていました。
このカードどうしてくれようか・・・。つけ麺?醤油?塩?担々麺?昨日の「マタギ」問題といい、ソフトランディングの結論へ持っていきたいのです。そんなわけで、自分のココロが思う坦々麺№1にしました。
DXに味玉トッピング。

連れは、恐る恐る同じ坦々麺デビュー戦。「このニラ生でしょ(。・ε・。)」「心配すんな。信ずる者は救われるらしいから(‐^▽^‐)。」

リアクションはやっぱり(‐^▽^‐)。
信用力がアップしました。「でしょ、うまいっしょ〜。」

$ゆるくないべさ Vol.2
汗かきなもので休みの日くらいしかアタックできず、たくさんの坦々麺を食べたことはないのです。ここはいいです。

$ゆるくないべさ Vol.2
毎日毎日の目の前のことを継続して確実にこなすというのか、向き合うということのむずかしさ。尊いのは頭ではなく具体的に動く手や足。伝わります。

旨かったわ。