じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

法則。

$ゆるくないべさ Vol.2
麺屋 空
千歳市北栄2丁目31-7

轟音爆音響く千歳です。遠くから、低い空気の振動が大きめのおなかに響きます。千歳です。

期待通りにといいますか、でたなーって感じでクレームでした。
人は何を信じ毎日を生きているのでしょう。経験則も価値あるものです。否定するつもりは毛頭ありません。人は制約された条件の中で生活、仕事あらゆるものをこなし生きているものだと思います。
彼の御仁に「あーでもない、こーでもない・・・。」言い訳をいろいろ申し上げられました。

ザケンナヨ!
ここに書いてある通りに・・・だと!
嘘ばっかり言うんでないの。イツモノコトです。(笑)

例え、自分にとって何らかの不都合があるからと言って、屁理屈はいけませんがな。

暑くなった己の魂と残暑を鎮めようと、冷たい蕎麦探し。

お目当ての蕎麦屋さん二件を徘徊しても定休日・・・、そんなわけでラーメンです。自慢の鶏白湯。
ドデカチャーシューが自慢かと思いました。

頑張っている。麺を変えればもっといいかもしれない。

関係ありませんが、ぶりぶりのチャンネーは、鼻にかかった声で舌ったらずの法則なのかもしれません。
クレームは屁理屈の法則デス。どもならんわ(笑)