読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

敗け。

$ゆるくないべさ Vol.2
中華料理屋さん

少しだけ「悲しい自由」を手に入れ、「時の流れに身をまかせ 」雨上がりの街を流せば、あの飛行機はどこの「空港」に向かうのかななどと考え事をすれば、信号待ちでクラクションを鳴らされ、申し訳ないけれど「つぐない」が必要な悪事でもないから「悲しみと踊らせて」いただくことにします。

たまの野菜注入。
好きなものの一つ「愛人」いやいや「あんかけ」です。

口に運べば、瞬時に「別れの予感」 。
残してしまいました。

甘しょっぱい醤油味が好きです。
中華料理屋さんのBGMはテレサテン。

そういうことです。
シャキシャキ過ぎるヤサイ、薄い塩味の手ごわいあんかけ。敗けました。