読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

いい蕎麦。

$ゆるくないべさ Vol.2
そば処 大和
札幌市清田区北野五条2-2-16 第八邦人館 1F

とうとうこの季節がやってきました。この季節って言われても、どんな人にも毎日この季節が来るので、季節のうつろいとともにうまいもの魂がメラメラと燃えるのも人情です。
そんなわけで、「新蕎麦」。
まだ8月だってーのに新蕎麦しかも十割!を出してくれるとは嬉しい次第です。上手だわ。真似事で蕎麦を打ったりします。そりゃ、十割にもアタックしてそれなりの成功は収めますが、こちとらへなちょこな素人。これはプロのシゴト。

カウンター越しで嬉しそうに、「幌加内のそば粉で・・・石臼挽きで・・・どんな味かはお客さんの顔を見て・・・」と教えてくれました。好きこそものの上手なれ。自分の蕎麦打ちが上達するためにはもっと好きにならなければいけないっちゅーことです。(^▽^;)

屈強そうなオトコが打つ蕎麦。蕎麦の強い香りと粗挽きの粉の食感。そばつゆの程よい辛さもいい感じ。そしてこのボリューム。良心なんだろうね。もっと高くてもいい。

「いい蕎麦安く」っていう蕎麦屋さんがあるけど、こっちの勝ち。新蕎麦に感謝。
いいお店。