じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

生意気。

$ゆるくないべさ Vol.2
にぼshin.
札幌市北区北23条西8-3-19

子供のころ家にあったのは一槽式、ローラーで挟んでクルクル。一人暮らしは、ただでもらった二槽式で始まり、贅沢なもので、いまじゃ全自動。そうです、毎日は洗濯選択の連続です。どっちもよくても選ばなければいけない悩み多きトシゴロです。昨日は石原さとみちゃん。今日は武井咲ちゃん。のドラマが終焉を迎えました。いずれ菖蒲か杜若。

そうでなくて、「・・お待ちしておりますね(^-^)/」とコメントをいただき厚かましく来た北24条。

どちらと言われても悩ましいものです。(この歌って、阿久 悠の作詩だったの?)
どっちもおいしかった。

頑張ってる。

頑張ってる方から「三つ食べられる?」と、ご褒美。

$ゆるくないべさ Vol.2
覚えていないと思うのですが、つけめんshin.のオープン時、うれしそうに勤務先へチラシもって来てくれたっチューのもあって親しみがあります。もちろん、美味しいので、たくさんあるラーメンの故郷の一つでもあります。皆さんに支持されてよかったです。

定番メニューになるのはどちらなのか・・・どちらも「shin.テイスト」たっぷり。帰りがけバカ舌が、生意気なことを言ってしまいました(笑)。

ご馳走様でした。