じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

また行こー。

$ゆるくないべさ Vol.2
札幌蕎麦 き凛本店
札幌市東区北九条東4-19

気が付けば、有料Pがないのでちょいと拝借。いやはや、なんですね。見事にこんなもめ事の後始末にまきこんでくれるなんて・・・といったボヤキも出てしまうのも仕方ない。気がつけば昼です。気が付けばの「気」はとにかく「気」ですから、ゲンキの「気」、ユウキの「気」キアイの「気」キニナル「木」ぢゃない。
昨日のリベンジが必要なので、端から端までペタペタと入店。
「新蕎麦です、ごゆっくりお楽しみください。」なんて、声をかけて差し出される蕎麦。このコトバもジャパン・ビューティーの一つなんだと思うのです

辛味だいこん蕎麦。

もうどうしてくれっちゅうのか、フツーに練りわさび、山わさび、ネギがの薬味がついているのに、「辛味だいこん」。

細切りのモチモチ手打ちそばに、ほかのお店よりは多めのネギ。練りわさびをちょこんと乗せて「ズズズッ・・・」おお!山わさびをちょこんと乗せて「ズズズッ・・・」利くッ!そして辛味だいこんをドカンとのせて「ズズズッ・・・」いいわァ!

こんなに薬味があるから、辛み三味トリプル攻撃を試してみました。沈没。吹き出す汗。これはやめた方がよさげです。

$ゆるくないべさ Vol.2
嬉しい。

$ゆるくないべさ Vol.2
余ったネギをパッパと蕎麦猪口に入れてすする蕎麦湯もいい。

せっかくだから、辛味だいこんは征服。でも練りわさびと山わさびが余ってしまいました。大盛りにすればよかった。次回、少しだけ小金が懐に入った給料日直後は、大盛り。決定です。「今度とお化けにはあったことがない」といわれますが、また行こー。

満足です。

面倒なシゴトに巻き込まれなきゃ、もっと満足。麺道面倒だろうとそれもシゴトか。シゴトの合間、美味しい蕎麦があることも幸せ。ラーメンがあることもモチロンです。(笑)

少し、疲れてる。