読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

だもの。

$ゆるくないべさ Vol.2
実演手打うどん 杵屋 札幌円山公園クラス店
札幌市中央区南1条西27丁目1-1 マルヤマクラス 3F

こんなあたりで昼飯とは因果なものです。サッポロのプチセレブが住まう街円山。昼飯は小銭ですまないであろう円山。普段見慣れた作りどころ不明な「しまむら」ファッションを見かけない円山。駐車場はベコベコでワックスの利いていないクルマでなくて、きれいに手入れをされたチッチャナガイシャと国産ワンボックスがこの街を物語っています。そうはいっても、うどんが食いたかったんだからしょうがない。
エレベーターに乗る直前、フィットネスクラブ。さすが円山。ヨガ教室であろう四つん這いになったオバチャン方のパンパンのスポーツウェアたち。(齢を重ねるということは代謝が劣るということで、カラダ全体ひいては腰回りに憎きセルライトがまとわりつくこともTVで知りました。)口元は「フーッ。」と息を吐いているようです。WOW!
ロングブレスもいいかもしれません。きっと、この母さん方は、シャワーを浴び化粧を直して、「軽くお昼でも食べてく・・・?」と、ダンナにはたいした小遣いもあげずに、1000円以上のランチを楽しむことでしょう。めでたしめでたし。

良くても悪くてもファミレス。
ちく天はいいな。外はサクッ、中はフンワリ。うどん半玉増量は無料だったんですが、これで半玉少なかったら、なんということでしょう。それもこれも、円山だからいいんです。

「実演手打ち」と称しているのですが、実演は見られませんでした。(笑)

マルヤマクラスことなど、夢にも思わないんだなぁ。小市民だもの。
30分以内でこの場所から退出。駐車料金はゼロ円。勝ちました。