じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

肉いいね。

$ゆるくないべさ Vol.2
焼肉家 かねよし
札幌市東区東雁来8条1-8-11

その存在を黒く塗りつぶし、駐車場を完備した焼肉屋さんです。宮の森には「神宮」があり、山の手は「山際」にあり、雁来には「雁」が来て、苗穂には「田んぼ」があったんだろうなと、地名に思いをはせたところで、ワンコインに心ときめくときもあります。

サーロインステーキ。この美しい響き。500円です。

$ゆるくないべさ Vol.2
初めて、付き合いで買わされたチケットを持って、それなりのレストランという名のお店に行ったとき、「焼き方はどうしますか?」と聞かれ「がっつり焼いてください。」と言って恥をかいたことがあります。若気の至りです(*⌒∇⌒*)
もう一つ傑作だったのは、学生の頃英会話の講義中、某同級生がガイジンの英語ティーチャーから、「hardの反対は?」との質問に「れあ!」と自信たっぷりに答えました。教室内が盛り上がったのは言うまでもありません。(笑)

久しぶりにミディアムに焼かれた牛肉をいただきました。
顎とナイフを持つ右手のトレーニング。

とは言っても、嬉しい500円。肉はいいね。

がんじょうな顎とナイフ持つ握力があることに感謝。