じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

いい予感。

$ゆるくないべさ Vol.2
山岡家 月寒店
札幌市豊平区月寒東一条15丁目9-25

多くのサラリーマンは、下半期がスタートで上半期の反省やらなんやらと総括を求められるのだと思います。(シモにもいろんな問題の予兆が・・・失礼)クールビズなんていうのが定着して、思い起こせば4か月もネクタイをしていなかったのかと思うと、一年の1/3はネクタイがいらないんだから紳士服のお店はネクタイの売り上げが3割減ったということでしょうね。それでも商魂たくましく、襟の立ったカッコ良さげなワイシャツを売れ売れとムチが入ったことだと思います。こちらはシゴトに関しては無知なので、放っておいてください。
暑さ寒さも彼岸まで、悲願はなんなのかわかりもしない今日この頃。
「この通りでラーって言ったら、伏流水が・・・なんチャラ・・・」といったコトバを「あー、ハイハイ。」聞いたふりして合いの手を入れて通り過ぎ、口ずさむのは♪くせになる味・・・ヾ(@°▽°@)ノ

いい写真が撮れました。

これで590円。お得。
いつも通り、「味濃いめ・麺かため」のチューン技。

おやおや?ケモノ臭いはそのままに。なぜか、いつもより優しいんでないの。

求めるものと多少違ってもいいんです。山岡家さんだもの。

山岡家さんでタッチパネル初体験。食券を買おうと適当にいじっていると、「お金を先に入れてください」と、最初の画面へ。

間違ったら最初からやり直せばいい。

そうです。後悔、迷い、間違い、とまどいがあったら最初に戻ればいいんです。勉強になりました。
生きている限り、死ぬまでたくさんの時間はある。カネはない。(笑)

悩み多き日、下半期は山岡家さんでスタート。いい予感。