読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

好きだな。

$ゆるくないべさ Vol.2
まる貴そば
札幌市清田区里塚三条6-5-15

自分のしていることが、本当にイタズラだと思わせてくれる日々です。さとらんどでは名人の手さばきに感動。この前の日曜は、蕎麦打ち愛好会の技を楽しみ、蕎麦という食べ物はいろいろあれど、自分の打った蕎麦の・・・。(笑)
いやあ、いい蕎麦です。
あいもりやっているなんて知らんかった。このお店で細打ちの二八蕎麦は初めてだけど、素晴らしかった。そばつゆもいい。スキなし。

スキだらけの毎日なのです。

脇が甘いとか、誰かに味わってもらった記憶もないのですがそういうことです。カラダの大きな力士は脇が甘くとも相手の腕を極めて身動きできなくして寄り切るとうい美しくない相撲を取っていた相撲取りさんもいましたね。このたびは日馬富士公平さんが第70代横綱になったそうで・・・。勝手にいろんなこと言うのを生業としている評論家がケチつけるけれど、小さい新横綱のガッツあふれる取り口は好きだな。
大事なのは、どうでもいい他人の評論でなくて一つ一つの事実に向き合うことなんだろうと思うのです。

美味しくて会計時「美味しかった。」と、コトバに出してしまった。ちょっとやそっとのことで驚いてしまうのも、このお店の事実。

十割の太打ち、二八の細打ち。どっちも旨いけれど、このお店の二八サイコー。好きヾ(@°▽°@)ノ

$ゆるくないべさ Vol.2
卓にきれいな花を飾っているのも嬉しいもてなし。

$ゆるくないべさ Vol.2
いやはや、蕎麦湯も絶品。

もちろん、薬味のネギ・山ワサビ。白菜の浅漬けだって、安心の味。いいお店。また行くべ。