読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

がまん。

中華

$ゆるくないべさ Vol.2
熊猫
札幌市東区北二十四条東1-4-1

あの年は、日中国交回復、沖縄返還と大きなニッポンに動きがあった年ですね。そんなわけで、パンダブームがやってきて、白黒模様の熊がやたら人気が出たのを覚えています。いくら見た目がカワイイと言っても、熊は熊ですから怖い生き物だとずっと思っています。
生家では北海道犬を飼っていて朝晩散歩させていました。あるとき残酷にも犬の肝試しみたいなどれだけ勇敢なのかを試す愛犬家の企画がありまして、チェーンでつながれた小熊と対峙させるわけです。
そりゃ、犬でいうと中型犬よりやや大き目の熊。ヒグマの中で小さいといえどもこれも熊です。ストレスを抱え威嚇する咆哮、息遣い。決して相撲を取りたいと思わなかった。

我が家の犬は、飼い主と同じく小心者でしょんべんをちびったのは言うまでもありません。

そんな話でなくて、チャーハンです。

パラパラに上手に炒められたチャーハン。チャーハンは食べ進んでも伸びることもなく、味の変化があるわけでもなく、どこまで行ってもチャーハンなのです。ついつい、ストレスがたまり「大盛り」にしたせいで、長〜いチャーハンの旅をしてしまいました。オイシーのは間違いないのですが、長旅(笑)隣に腰かけた馴染みらしき御仁が「しょうゆね」・・・ラー・・・・

札幌マラソンまでと思い、結果に影響はないであろう(たった)5日間「禁ラー」。オトナですから多少はがまんできるところを自分で確かめてみただけです。

明日解禁!ストレスを抱えても威嚇、咆哮はしませんのであしからず。
アブラギッシュな走りでゴールを目指します。

しょうゆラーが恋しく香る熊猫。ペタしてね