じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

汗。

$ゆるくないべさ Vol.2
三ツ和屋
札幌市東区北33条東5丁目3-6

先日購入したCDから流れる♪雨は夜更けすぎに雪へと変わるかもしれないという天気予報も間近となった今日この頃です。「いやはや、ピンチなんですよ。手力が必要なんです。」「優秀なあなたならピンチだってチャンスにしてしまえるから大丈夫。ダイジョブ。」「ハンドパワーなら、Mr.マリックさんって人がいるからさぁ。」などとふざけていたのですが、マリックさんのところで数年修業してからでは間に合わず、数時間後に来て・・・!?

夜中の3時だよ現地集合!
職人さんと呼ばれる屈強なオトコ達が登場するまでの間、違いなく手力作業。これで終わりかと思いきや、「おっきなトラック入ってくるんで・・・。」手下ろしカヨ・・・

齢を重ねたカラダにしょっぱい汗が流れます。

$ゆるくないべさ Vol.2
夕方は、発想ミスならいいものを発送ミスで遅れて入荷した荷物を取りに東へ。叱られに西へ。。(´д`lll)

そんな思いを重ね、「黒豚豚骨ラー」のお店なき後にプレオープンの「豚骨ラー」。

塩味のあんかけ焼きそば風トロミスープ。九州ラーメンはおそらくそうなんだろうなというソーメンみたいな麺。サッポロラーメンの本質も知らず、いわんや九州ラーのなんたるかなんぞ知る由もありませぬ。(ただ・・・サッポロのしかも東区、市内10区で三番目に犯罪の多い東区、原チャリ暴走族が闊歩する東区で夜間のみの営業とは・・・)

写真のピントはボケボケに甘く、スープの味はしょっぱく。肉体労働の汗、叱られて脂汗。たくさん汗をかいたので塩分補給には、よかったかもしれません。

多少の仮眠はしたものの20時間目の甘くゆるい時間。したっけ飲むか(笑)