じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

不器用。

$ゆるくないべさ Vol.2
某フードコート

やるせない空間です。忘れてしまいたいことや、後悔朝に先に立たず。といった感じで。これが蕎麦だということを認識しようとしまいと、人が思うことは誰もとめることができないわけです。
なんでもトッピングすれば単価アップ。一本でもニンジン。油臭くても天かすです。
この一杯が、厨房内の父さん母さんの生活の糧となり、安定した老後を生きる一助となればいいのかもしれません。割り切って、駅のホームの甘辛い濃いめのそばつゆにしてくれた方が食べた感があるかもしれません。天かすに100円払う、愚かさと欲の塊。一杯のかけそばが、恋しい昼下がり。反省だけならサルでもできる。

飲んで飲まれて・・・あ、明日出張。飲みすぎはよくありません。ほどほどがいい。
やけに旨そうに写っているのが恨めしい夜です。

♪ルルルルンルルン。

洞察力不足。不器用ですから。