読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

欲。

$ゆるくないべさ Vol.2
八天庵 南店
札幌市中央区南十九条西9-1-12

キホン蕎麦屋さんなのにラーメンで名をはせることもあるようです。そうは言っても、蕎麦屋さんですから今日は蕎麦。甘しょっぱい肉丼。天かすがクタクタになることに喜びを覚えるたぬきそば。この存在がありがたいと、ほっとする味。

があることがいけないなどということは決してないのですが、「自分が思うように動いてくれないのは何故だ。」「カイシャカイシャって何なんだ。」と、紅潮した顔で言われたところで、「サラリーマンには稟議やら決裁やら諸々の手続きっていうものがあるでしょ。」と憎まれ口を発せなければならない時もあります。保身という。営利をむさぼりたい金銭欲。食いしん坊の食欲。元気なオトコの〇欲。(恥)柔よく剛を制す。欲の塊の末端に存在する一部でもありますから、。互いの軋轢が生まれたって仕方のないことです。

なんか疲れます。

ラーメン・蕎麦・カレー。ハンバーグ、オムライス、お子様ランチでもメニューに増やしたり・・・こうなると昔の百貨店の最上階レストラン状態。
あずましい昭和が息づく山鼻なわけです。

欲のなさげな顔をした、くったくない笑顔がステキな父さん。今度はカレーにしてみようかな。よ〜く考えます