読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

踏ん張り。

$ゆるくないべさ Vol.2
幸楽苑 厚別東店
札幌市厚別区厚別東5条8丁目1番地10

こんな機会もめったにないので、オープン初日にアタックしてみました。
「中華そば」のなんたるかも知らないですから、そういうものなのだなと味わうしかないのです。この値段。この味。そうかこれが500店舗出店。多くの方に支持される味なんだ。と妙に納得して、コショーを振ればすっきり感が演出。この方が好き。

$ゆるくないべさ Vol.2
このところ、中華そばを出す内地のお店の進出が多いですね。大阪王将餃子の王将と食べてみたけれど、ここの味、麺がいいかな。

$ゆるくないべさ Vol.2
大衆中華料理屋さんが出す麺料理はホッカイドーじゃ、今はなき「おーおか」さん、やたら店舗が少なくなったけれど「暖中」さんがあったりして、中華フランチャイズTPPが実施されているようです。グローバルスタンダードというコトバをオマジナイない、やおら海外の事業に参入できると盛り上がり、ちゅうことはもちろん海外から参入されるという相互関係であることを意味しているわけで、ぐろす・どめすてぃっく・ぷろだくつ、№1の消費こそ美徳の国の都合に合わせることに他ならないのです。ドンッ!・・・・失礼しました。

何でも受け入れてしまうホッカイドーの懐の深さ。
路線は少し違えど、どっこいホッカイドーにあっては「みよしの」さんで「あっさりしょうゆラーメン」の踏ん張りを期待する次第なのです。