読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

もたれる。

$ゆるくないべさ Vol.2
満龍
イオンフードコート

ラーメン屋さんなのにご飯ものを食べたくなるお店の一つです。セットものも豊富で、挙句の果てにはジャンボーと叫んでしまいそうなココロをおさえて臨むレジカウンター。
「こんな食生活を続けていたら・・・」と健康相談のオバチャンに叱られそうな、単品料理生活。「一汁一菜」などという伝統に基づいた食生活の概念があるべきだと思へど、そうはイカの〇〇(笑)食べたいんだからしょうがない。

当たり前ですが上手。パラパラに炒められた程よい旨みと塩味。休みの日は中華鍋を振るもののこうはならねえ。(モチロンカップめんと一緒)火力と秘伝のタレを分けてほしいもんです(笑)

ただでさえせわしない毎日に、わかっちゃいてもピーピー鳴るデキタゾコールの受信機を持たされ、これまたせわしない。空いているテーブルを探せば、場所取りの荷物。関係ないのかもしれないのですが、朝刊にしょうがいを持っている方のバスが決められた所以外の、違う場所に止まっちゃいけない。なぜなら、苦情が来るから・・・。些細な事でも自分さえよければいい。そんな利己主義のはびこる世の中に誰がした!責任者呼んで来い。責任者はいません。皆一人一人が責任者。理解・思いやり。カネや損得にこだわらず「和をもって貴しとなす」という調和を重んじるニッポン文化を認識してほしい今日この頃。

ちょいとまいってる。この道を行けば・・・

猪木先生のコトバとチャーハンが胃にもたれる夜です(笑)

ペタしてね