じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

強面。

$ゆるくないべさ Vol.2
旭川 ラーメン くさび
札幌市東区東苗穂10条3丁目17番43号

他意はないんですが、自分の周りじゃ高校デビューのヤンキーがいい歳かっぱらった初老になっても、いまだ暴れん坊を武勇伝とする方がその地をルーツとし、オレンジ色を彷彿させるラーメン屋さんの店主がガクセイの頃なんまらやんちゃだったとか、某有名ろっけんろーらーのコンサートでは、〇☓△連合とかヤンチャ親分とのコネクションが入場の権利を得るという話が嘘かマジかとまことしやかに聞こえる上川管内から新規オープンおめでとうございます。

暖簾の前で12分。
入店から25分。
和をもって貴しとなす、日本人のはしくれですから、暴動を起こそうとかガン飛ばしてやろうかと思いもしない店内です。あ、店主いた。どうもあのソリコミと風体、強面。昔ヤン・・・だったのかな。

そんなことでなくて、ラーメンです。リザルトは「赤みその勝ち」のあわせみそ。えーっと、「マイルドでこくが・・・」だったかな。まあ、そういうわけです。

$ゆるくないべさ Vol.2
味玉とメンマは濃いめの味付けでいかったな。

自分が思う旭川テイストぢゃなかったな。
口に残るすっきりとした甘みと旨さ。サッポロの焼肉屋さんで食べたことがあるような感じでした。これはこれで、サッポロの街になじんでしまいそうで、強面に反対のコトバがあるのなら弱面の自分がムジナ「なじむ」ことの是非についてバトルすることも差し控えたいので、強い者にはめっぽう弱くて弱いものには相身互いな自分を顧みる夜です。(笑)

ペタしてね