読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

ブルース。

$ゆるくないべさ Vol.2
とんこう
札幌市東区伏古一条3-2-12

こんな寒い日はぬくもりと野菜が欲しいものです。そんなわけで、甘く熱いあんかけ。上あごを火傷しても食べたいあんかけだったので、期待通りでヒリッ、ペローンと退出しました。
安いです。550円。

$ゆるくないべさ Vol.2
あんかけを食べた日はこんなメロディーが脳裏をよぎるものです。

人にかくれて隠れもせず あの女性が泣いた
涙が花に・・・

混迷を極める事務員さんたちの熱い思いのバトル。
私設裁判所の判事で無くても、とりあえず関係者・・・。

目に見えぬ闘い。このバトルの展開はいかに・・・落としどころ・・・、はたまた、いつ終息を迎えるのか、続きはまた後日の延長戦。

「仲良きことは美しきことかな」
実篤さんの名言が身に染みる夜です。こ丼の小宇宙にナス・ゴボウ・ニンジンのうちニンジンしか入っていません。とはいえ、豚肉タマネギ、木耳、白菜、キャベツ・タケノコと餡につながれ仲良き風景を醸し出していたことは言うまでもありません。これがうわべだけのつながりではなく、互いが互いを思いやる調和をとれた関係であったことは言うまでもありません。多少「酢」をかけるともっとGOOD

ドゥドゥビ ドゥビドゥビ ドゥビドゥバー・・・(節電など気にしない)灯がともる我が家に帰って来れました。ブルースな夜です。