じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

町内会一。

$ゆるくないべさ Vol.2
手打ち蕎麦
さいぞうさん家

空から落ちてくるものは雨から雪に変わりました。あとひと月すりゃフェロモンギンギンのアンチャンとチャンネーが盛り上がっちゃうわけで、アブラギッシュなおっさんには関係あるわけもなく、この手ごわい冬将軍です。冬将軍といっても足利家や藤原家や徳川家の親戚では無いようで、南半球は夏でも、北半球は冬到来。寒いですね。
南半球に行くわけにもいかず、やっぱ北国のインドア遊びしか思い浮かばない貧困な発想です。

カレーせいろ。
GOOD!ヾ(@°▽°@)ノ

$ゆるくないべさ Vol.2
やはり粗挽きの蕎麦粉は香りが強くいいもんです。うまく行きました。ここ最近の中ぢゃベストに近い出来上がり。

$ゆるくないべさ Vol.2
朝から体育館。各種マシーンの優秀なこと。身長・体重・年齢、好きな食べ物(嘘です)なんぞ入力すればちょうどいい塩梅に負荷をかけてくれる・・・物足りない。

$ゆるくないべさ Vol.2
なわけで、心拍数はこの程度が運動した気がするのですがデンジャーゾーンの一歩手前。

心臓に負担をかけたので、「痛かったら言ってください。」と言われて「痛い。」と言ってもどうなるものでもない整体もいいものです。

三連休初日。とある方から「ゆっくりお休みください」とありがたいメッセージをいただきましたが、一日がもったいなく動いてしまう冬の一日。

何でもやりすぎはよくないものです。マシンが「あんたのトシならこんなもんでいいんだから」と言ってるのに物足りなく、心肺能力の衰えを認めたくもない、いいふりこきのガンベタカリ。それもこれも幸せな風景がありがたいと自画自賛。間違いなく「町内会一」のカレーせいろ。カナ?旨かった。(笑)