じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

TPO。

$ゆるくないべさ Vol.2
らー麺 ふしみ
札幌市中央区南15条西18-3-15

世の中には凄い人がいるもので、そうは言っても自分を卑下したり、あずましくない日だったなと嘆いてる人たちがいたとしても、誰でも一人一人が凄いわけですから、元気があればなんでもできる明日がやってくるわけです。先ほど知ったのですがホッキカレーの街から勝手丼の街まで自転車で三日(襟裳経由)で移動した凄い人がいたらしいです。惜しむらくは、そのエネルギーを競輪やデュアスロントライアスロンに生かせば芽が出ただろうに、犯罪に使ってしまうとは・・・

$ゆるくないべさ Vol.2
いつもながら、カウンターの上の調味料のフタの数々がきれいなこと。

$ゆるくないべさ Vol.2
美味しいものは美しい。

おつきあいとはいえ、守銭奴に頭を垂れる面々との集まりは、卑屈でヒマなんだなとおもいます。己の出店するイベントへのお手伝いと称して金銭を要求する。今に始まったことでもないけれど・・・、おつきあいということも理解はする・・・けれども、今回の件も、たとえば「夏の暑い日に思いつきで、自分がジンギスカンを食べようと思った際、個人的に付き合っている、ガス屋さんとか灯油屋さんに、何か食材持ってきてというのと一緒でしょ。」
と言ってやったら、一同うなづきながらドン引き。と称賛。(笑)

またやってしまいました。本当のことを言ってしまう場合、TPOをわきまえる習慣を身につけなければいけないよなと、己を卑下する夜です。

本当のことは「この系譜の塩ラーは確信犯的に旨い。」ということです。この場じゃいいか(笑)