じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

晦日は。

$ゆるくないべさ Vol.2
さっぽろ玄庵 白石本郷店
札幌市白石区本郷通2丁目北1-28

季節は巡るもので、カレンダーもあと一枚で12月です。蕎麦屋さんには年越しそばへの誘いが各店舗で必至です。先日TVを見ていたら「そりゃ、晦日は休みますよ。自宅でやってるんだから。」というのが面白かったりします。先日は粗挽きの蕎麦粉を自分で打ってみて、昨日は濃厚鶏脂汁の蕎麦をいただいて、今日はオーソドックスな細挽きの手打ち蕎麦。箸休めと言ったところでしょうか。

何とも言えない。三つ葉も柚子の香りもうまいわ

$ゆるくないべさ Vol.2
惜しむらくは、かけそば700円。これが高いか安いか。向こうのマダムが食べていた天せいろ1400円。旨いんだろうな。スポンサーになってくれる人いないかな。

$ゆるくないべさ Vol.2
箸で蕎麦を持ち上げれば、この太さでスーッと垂直に近く下がる蕎麦、口に運べばほど良い茹で加減と蕎麦の香り。手打ち蕎麦(繊細部門)の中でも名店だと思う。

うーん。細挽きの粉でここまでのクオリティーを見せつけられたら・・・
やっぱり晦日は粗挽きの蕎麦粉にしよー。きっと、蕎麦粉の強さが技術を補ってくれる(笑)