じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

小難しい。

$ゆるくないべさ Vol.2
とりごぼうそば

いよいよ選挙カーが走り出しましたね。いつも疑問に思います。GDPというアルファベットの三文字熟語。価値観といいますか、それを唯一の指標にしたいのかと思えてしょうがありません。ざっくりですけど僅差でGDPが隣国に抜かれたとしても人口一人当たりで見れば、人口が10倍なわけだから、一人あたりの富がやっと1/10になったに過ぎないわけで、そう考えれば、その国の10倍の金銭的豊かさを享受しているのです。TVで見りゃ日本ほどインフラの整っていないブータンあたりに見習うべきで、マネーゲームに興じている間に大切なものを見失っているんでしょうね。赤字国債がいくらあるとか騒ぎますが、「負債」の額だけ騒ぐのですが、「資産」や「資本」がいくらあるのかも説明しろい。ドンっ!。売り上げの大きな会社はそれだけ借金もしてるってーの。だからって不健全とは言えないでしょ。健全な範囲内で債権を発行し生産資源を調達し規模の拡大、利潤追求をするわけなのだから・・・。

どうも、「みなさんは不幸なのだから・・・わが党(私)に一票入れてね」と叫んでいるように思います。暗示にかけられないようにします。偉いのは小難しいことを考える頭ぢゃなく大切なのは手や足です。

頑張っているものの伝わらないことは多々あります。うすら寒い店内です。手打ちがすべてではないですがもう少し蕎麦の香りが欲しかったかな。この甘目の汁は好きですよ。
ダメだ疲れてる。