じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

滑る。

$ゆるくないべさ Vol.2
らーめん いそじ
札幌市豊平区月寒東五条18丁目8-16

氷の世界にうっすらと雪が積もり、デンジャラスな滑る一日です。も一つおまけに、生きる糧の一部のボーナスを左右する㊞を所有している本店のVIPに従えられる緊張感も、デンジャラスです。己がサラリーマンであることが良いのか悪いのか、いやいや、善悪ではなくそういう現実を直視しなければお昼は来ないのです。
この輩もお方も、人の顔を見たらラーメンと思っているようです。まるでラヲタ扱いされるのは心外で、ただのラーメン好きなのですから、ラーメンは昨日も食ったし、この辺の土地勘もないんだからわかりゃしないべと陰謀と策略で自分が食いたい蕎麦屋のあたりをくるりと一周していた時に、なして、このお言葉。
「美味しいラーメン屋さんつれってってーな。」ローズ布団買うてえな。のイントネーションにカンサイを感じます。
そんなわけで、ケヤキダマシイ!あふれる笑顔のウエルカムに到着しました。

「こら、うまいわ。」

期待通りのリアクションで、店主に成り代わり感謝します。
とどめは、「またサッポロ来たとき、美味しいラーメンつれってえな。」・・・・だからローズ布団は(笑)

$ゆるくないべさ Vol.2
帰宅しても食べるものがないという現実に向き合い、ささやかな夕食。伊予はガラガラでした。自分の視界に入る「丸亀」VS「伊予」の中では、何となくにぎわいと、客あしらいのうまさでは「丸亀」Win!

ちなみに、デンジャラスな一日は滞りなく業務を推進し、減点の憂き目は免れたであろうと自負しております。しかしながら、「あーやれやれ無事に終わった。」とPにクルマを停め、降りた瞬間一人で転倒
誰に向けるでもなく、ひとりイテテと腰に手を当て笑っている自分が水分・塩分・グルコース好きの小市民なんだなぁ。滑る話におつきあいいただいてありがとうございます。

イテテテ。