読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

使えそう。

$ゆるくないべさ Vol.2
藻岩山 531m
旭山記念公園コース

今シーズン初めての冬山。己の衰えとスペックがどれほどのものかと。丈夫でおされなアウトドアグッズは秀岳荘あたりが間違いないのは当たり前。そこを慣れ親しんだワークショップ。使えそうなものがけっこうあるじゃないの。ワークショップで購入した防寒靴の性能を確かめてみようかなとアタック。
温かい足元、頑丈そうなつくり。使えそう。

$ゆるくないべさ Vol.2
ロングタイツにショートパンツのチッチャなお尻のオネイチャンがトレイルラン。凄い。多少マラソンの真似事もしていますから走ることの苦しさや、辛さ。恨み、嫉み、妬み。そうじゃなくて達成感もわかるっていやあわかるのですが、歩くのも結構きついってーのにどんなカラダしてるんだろう。あんなカラダ・・・おっとっとと。(*v.v)。

$ゆるくないべさ Vol.2
登り1:20
下り0:50
ポールなし、アイゼン装着なし。冬山ならまあまあのタイム。間違いなく心拍数は150を超えていた瞬間もありましたが、そこはそれペースをおさえておさえて・・・

$ゆるくないべさ Vol.2
こんなふざけた帽子をかぶっていたりしました(笑)

ヘルメット・安全帯があれば現場の人の風体の登山家です(笑)。
低いとはいえ冬山は冬山。アイゼンもポールはあった方がいい。まだ、元気があればなんでもできる使えそうなカラダです。