読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

お値段以上。

$ゆるくないべさ Vol.2
老朽化で解体しちゃうという番屋に転がっていたちゃぶ台

昭和ひとけた生まれの義父曰く、「いつからあったか知らね。」「船大工が欅で作ったもんだからいいもんだぞ。」歴史モノらしい。
匠の手にかかれば、なんということでしょう。

$ゆるくないべさ Vol.2
ほとんど新品。満足度大。お値段以上、値打ちある。

技術革新や新素材、新しいモノのすべてがいいということでもない。古いモノもこうやって、リフォームしてくれる技術が生きていることに感謝。早く義父に見せてあげたいな。

これから卓袱台返しの練習に使います。嘘です。大切に使わせていただきます。