じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

主導権。

$ゆるくないべさ Vol.2
運城飯店
札幌市東区北二十四条東15-1-1 飯法師ビル 1F

人は何故挨拶をするのでしょう。何故かと言われたって、仕事もないし暇だし、それじゃ一年分のお礼とすぐやってくる新年に向けてのヨロシク攻撃。攻撃は最大の防御ですしね(笑)そうでなくて真摯に感謝の意を表す風習も無駄ではなく、きっと、今までもこれからもあなたと関係性を持ちたいという意思表示なのだと善意を持って受け止めていただきたいものです。
そんなわけで、ゆったりとした時間のランチタイム突入です。善意を持って、「何食いたいですか?」「いや、何でもいいよ。」きました主導権をゆだねるお言葉。いただきました!

プロスポーツ選手OBが舌足らずの解説をするが如く、ウンジョーデビュー三名に味わいどころ、見どころ、お楽しみどころを解説。(なんでもキャッチは三つと相場が決まっています)
?刀削麺が旨い(麻婆豆腐もね)。味わいどころです。
?メニューが面白い。見どころです。
?マツ〇・デ〇ックスの所作。お楽しみどころ。

5杯並んだ刀削麺祭り(笑)

$ゆるくないべさ Vol.2
BGMはテレサあふれる店内。?は紛れもなく一同ご賛同。?は一部修正テープが張られ、エンタの様相がマイナスしています。?はやってくれました、客に媚びないオーダー受け、狭い通路でついたてに足を引っ掛け、バキッという音がして、釘が抜けたのを堂々とそ知らぬふりをして、足で戻したふり(笑)(モチロンモトニモドッテイマセンガナ)

$ゆるくないべさ Vol.2
食は腹を満たせばいいんじゃない!?というのは、人生の楽園の一部を放棄しているようなものです。何を求めているのかと言えばエンタかもしれません。このお店はマツ〇・デ〇ックスが演じるの東京ドームのステージなのです。ただ、そこには裏方の支えがあってこそ成立する愉快な空間であることに感謝します。

汁なし刀削麺。いわゆる油そば。混ぜ後の白と赤のコントラストにおののきましたが、旨さ主体の辛味。デビュー戦の方々もお気に入りのようです。

主導権をゆだねられ、面目躍如。ウンジョー万歳。旨かった。面白かった。