読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

少しずつ。

$ゆるくないべさ Vol.2
正月らしい画像。

「良い年をお迎えください」と言われた一週間ほどでした。当然、こちらからもそう言っていました。昨日は、嬉しいことにどのチャンネルもかわいらしい御嬢さんたちが歌って踊るAKB祭り。いやあいい年の暮でございました。♪ちゃんちゃららららんおめでとうございます。

目覚めてみればひとり日の出ツアーも曇っているのでやめますた。

$ゆるくないべさ Vol.2
初めて奥さんと二人だけで迎えた年明け。女の人も変わるもので、安心感なのでしょう(寝ているときにさえ緊張感をもって危険に対応しようとするのはゴルゴ13くらいでしょう)まだ、首のあたりをポリポリしながら口を開け寝ていましたとさ。まあ、安心・安全が担保されるということが幸福になるための一つの前提条件であると思います(笑)

$ゆるくないべさ Vol.2
正月は「口取り」盆は「落雁」甘いものもいいねぇ。

おめでたいもの「一富士二鷹三茄子」。
一番はラーかな、二番は蕎麦かな、三番は・・・

$ゆるくないべさ Vol.2
まあ「元気があれば何でもできる」ハズですから・・・と思いつつもラーメンの連食はご遠慮しようと誓う正月なのです。

したっけ、すこしだけ外走ってくるか。

何でも少しずつがいいんです。