読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

期待。

中華

$ゆるくないべさ Vol.2
中国料理 紅燈籠 白石店
札幌市白石区中央2条6丁目9−1

学研の「科学」と「学習」の付録を楽しみにしていた昔も今も、何事も学習が必要です。転勤や転職で来て数年。同じサッポロで生きているというのにこの土地勘の無さ・・・。自分でハンドルを握れば国家権力の僕の前で鳴るケータイ電話。一人でおっさんとあんちゃんのナビ、自分のシゴト。おまけに、昼飯が決められない。多くをゆだねられ、決められない政治とはこういうものかと・・・三宅久之さんの強い言葉を思い出す今日この頃です。

しばれます。同じ北海道じゃ-30℃越え!のところもあるのですが、この程度の寒さで身震いするへなちょこです。-16℃(笑)当然日中も寒いですから、そんなわけで、HOTな麻婆豆腐。
旨いんでないの。

$ゆるくないべさ Vol.2
チャーハンが旨いことは合点承知の助。いつもは、あんかけ焼きそばとチャーハンのセットもので、まあ無難にトキを過ごし、食後に無料のコーヒーでを啜って退場てな具合ですが、今日は感動。

$ゆるくないべさ Vol.2
チャーハンに加え、麻婆豆腐も旨いということを学びました。次は坦々麺をお試し。期待できる。期待できないのは、彼らの方向音痴です。いつまで、どれだけ、何を背負わせてくれるのか・・・ゆるくないべさ。(笑)