読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

意外とタフ。

山岳部

$ゆるくないべさ Vol.2
北広山 485m

昔の人は良く言ったもので、♪犬はよろこび庭駆けまわり・・・いまのご時世は庭がないのでこんな山奥まで来てドッグランです。ちょいと、駐車場を拝借。高級そうな遺伝子を持つであろう犬たちが足元まで寄ってきました。

少しだけ暖かい日になりましたね。とはいっても氷点下(笑)
ツボ足で北広山。

 

$ゆるくないべさ Vol.2
歩いていても山という感じがしません。緩やかなダラダラ登りも二日酔のカラダにはけっこうきついものがあります。(二日酔でなくとも根性なしなので、いつでもどこでもきついのですが・・・σ(^_^;))
途中屈託のない笑顔で「これから登るんじゃ大変だな。」と猟銃を持ったおじいさんに会いましたが、鹿撃ちなのかな?護身用だったりして。鹿の足跡だらけ。とにかくこの辺も鹿が多いんだね。

白樺の林の中をひたすら歩き、いったいどこが頂上なのかと心が折れそうになりますが、視界が開けたら頂上。
上の写真の「北広山 492.9m」の標高のところ塗りつぶしてある。間違いもあるってことです。本によると492.2mは鉄条網の向こうの自衛隊さんの管理する島松山の標高のようです。

$ゆるくないべさ Vol.2
ドッグランから登り約1時間10分下り約50分。
低い山だけれど、意外とタフな山かもしれない。また行きたい。今度はぜひ青空の日に。
タフじゃない♪おじさんよろこび山駆けまわり・・・楽しかった。