読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

うそでない。

そば 豊平区

$ゆるくないべさ Vol.2
手打そば きっ川
札幌市豊平区月寒東五条15-6-22

ペロンとしたリップサービスの実効性と検証に理不尽な思いを抱え、建設的であろう提言・苦言を発信したところで、現実を直視出来ない。あるいはしたくもない方もいるもので、「先日のお言葉頂戴しました。」「そうだったっけ。」対話にも議論にも盛り上がらない車内です。そんなこんなで「この車のタイヤは滑る・・・おーっとこの季節には禁句だったりもしますが、滑る季節です。すり鉢状の道路ではお気をつけて下さいな。
小道に入り蕎麦でも。
このお店デビューの連れには、エラソーに「まずは板そばでしょ。」などと言いながら、こちとら温かい蕎麦。(笑)タネモノに「ごぼう天」があるんでないの。
カリッと上手に揚げられたゴボウ。かなり昔、美味しい「ごぼう天」蕎麦を出してくれた日高方面の某蕎麦屋さんは悲しい結末。久しぶりに、旨いごぼう天に出会った感じですた。

$ゆるくないべさ Vol.2
蕎麦はもちろん旨いのですが、ここのそばつゆ好きです。クタクタになった天ぷらの衣と一緒にすするそばつゆは絶品。

美辞麗句ばかりのリップサービスは滑ることばかりだという事実。

こんな蕎麦打ちたいなリストの一つ。ここの蕎麦への称賛は口が滑ったわけでないことだけはほんと。ウソでない。ウソでないって。したっけ一回食べにくればいいっしょ。うそでない。なんぼかてまひまかかってるんだべさ。(笑)