読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

当たり前。

そば 中央区

$ゆるくないべさ Vol.2
北ノ選 笹庵
札幌市中央区北1条東11丁目15-25

しばらくぶりに来たと思えば、何も考えずにメニューを見て、張りがなくくすんだゴールドフィンガーが価格だけで選んでしまった「かすそば」。口に運べば、あれ?これ食ったことあるな。食ったことありました。間違いなく記憶の彼方にすっ飛んでいたんです。

蕎麦つゆは、自分のフツー蕎麦の概念を超える味の濃さと脂と辛さ。
これはこれで、旨いんです。あったまるぅ〜。

能書きを語るより、直感で満足にたどり着けるあたりのカンというやつは、まだイケている気がする自己満足なのです(笑)

$ゆるくないべさ Vol.2
関西のうどんには「かすうどん」というメニューがあって、うどんに牛スジを甘辛く煮込んだものをタネモノとしているようです。ここは「鶏」のようです。そりゃ、蕎麦屋さんですから。信心もないので四本足だろうと二本足でもOK牧場。本場の「かすうどん」ってやつも食ってみたい気がします。

食えねえ奴らとの付き合いもあと一日行けば、少しお休み。
自己の欲求を満たさんがための自己主張と営利追求。何を求めてどこへ行こうとしているのか考えさせられる一日。いい年かっぱらって眉間にしわ寄せ、受け取り方によっちゃ子供じみた言葉を発してしまった自分に自己嫌悪

満たされた思いと嫌な思い。それもこれもにんげんだもの当たり前

昼飯と発泡酒が上手いからそれで良しとします。

ラヲタとはいわず、ただのラーメン好きに食べてほしいメニューです。