読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

繰り返し。

$ゆるくないべさ Vol.2
豊平峡温泉
札幌市南区定山渓608番地2

普段の行いがいのか悪いのか、若干の雪降る中、兎に角冬山を征服し頂上に着いたところで「何にも見えねぇ」。下山しようとすれば、雪と風。いわゆる吹雪ってやつのおかげで足跡が消えている始末。低い山とはいえ怖いものです。
そんなプチ恐怖で縮こまった体には温泉です。
写真に細工をしなくてもこの庭。素晴らしいモノトーン。

自分的露天風呂の王様。キング・オブ・露天風呂。最高です。「何も言えねえ」(フゥ〜とかハァ〜とかは言ってしまいます)自然の恵みとそれを伝えてくれる温泉のスタッフに感謝。

$ゆるくないべさ Vol.2

お泊りです。

$ゆるくないべさ Vol.2
松尾ジンギスカンロース」「炭や塩ホルモン」
氷点下で焼き肉大会。ジンギスカン旨かった。焼きすぎない加減で食べると柔らかジューシー。袋肉侮れない。松尾さんやるな!

$ゆるくないべさ Vol.2
宴の余りモノトッピング。氷点下でカマボコカレー。

$ゆるくないべさ Vol.2
せっかく会社の雪かきをしなくて良いと思っても、この雪。

$ゆるくないべさ Vol.2
そりゃ、ホッカイドーの暮らしは、どこへ行っても雪かきの使命を与えてくれるのです。(笑)

冷えたり、あったまり、また冷やして・・・温冷繰り返しはカラダに負担をかけるはずです。少しは頭を冷やしたほうが良いのかもしれません。でも面白かった(笑)

ペタしてね