じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

受け止める。

$ゆるくないべさ Vol.2
麺肴 よしず
札幌市豊平区平岸2条3丁目2-22

「またかよ・・・。」の社内接待をバックれて早帰りしてみれば、アイドルです。聖子ちゃんに間に合わなかったようです。(゜д゜;)アイドルを斜に構えてて客観視した歌詞。偶像の破壊を試み♪なんてたって・・・と歌う彼女のかわいらしさ。やっぱりアイドルは昭和に決定です。いつだかワイドショーでみましたがG・Aというモデルや女優として売れている女の子が歌手デビューするらしいのですが、きっと完成度が高すぎるんだべね。昭和は、そこそこダメだしできるくらいの女の子の成長を見つめ続けるところが楽しかったわけで、いきなり完成されてもどう受け止めたらいいのか狼狽するだけです。したっけ、受け止めないことにするという選択肢を選ぼうと思うのです。思い起こせば、TVコマーシャルまでやって宣伝していたアイドルいたよな。

まあいいです。ラーメンの場合には、偶像を見つめるわけでもなく自腹でお金を払う現実なわけですから、それこそ「完成度」は高いほうがいいにきまっています。

$ゆるくないべさ Vol.2
初めての、味噌ラーなのですが旨いんでないの。
サーブされれば味噌の香り。来たるべきなまら味噌テイストに警戒感を持つのですが、レンゲで滑舌の悪い口に一口運べばマイルドでないの。麺もそうですが、よしずテイストをしっかりと感じます。
自分のようなバカ舌が評するのもおこがましいのですが、いいわ。ハズレなし。
いいシゴト受け止めました。ゴチソウサマでした。

ハズレるのは昭和アイドルの音程なのだとしみじみ受け止める夜です。