じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

完結。

$ゆるくないべさ Vol.2
大鵬
夕張郡栗山町桜丘1丁目28-34

鮭の酒のせいでいつもさえないアタマがにさらにもやもやっとした、これじゃバカと呼ばれても仕方ないアタマで迎えた朝です。
思い起こせば完結しなかったのは、依頼されたシゴト。「いやはや、出張中なもんだから急なハナシで悪いんだけれど、クリサワってところに行ってくれない?」灯台下暗しと王子様の面倒を見つつも違う事業所の面倒も見ることを要求されるのですね。まあいいです。多少渋ったのはパフォーマンス。(笑)その地は日ハム監督ゆかりの地が隣にあるのですから。ヾ(@°▽°@)ノ

$ゆるくないべさ Vol.2
ボキャ貧でも、「みそ」を主語にネギ・オオモリ・チャーシューの三つの装飾語を加えることはできます。ただそれだけで、メニューが完結する世界がここにはあります。しょうゆや塩の存在を忘れたかのようなオーダーを耳で聞きつつ、無粋なケータイ電話に翻弄され、席を外し、今ラーが出てきたらどうしようと気が気でなかったのですが、幸か不幸か厨房の父さん方が気を使ってくれたのかは、結果オーライ。
ガツンと来るニンニク臭。シャキシャキモヤシ。すっきりした味噌味。これですコレ。

$ゆるくないべさ Vol.2
夜は半年ぶりに4人のナカマ。一緒に酒を飲めるほど大きくなりました。

また来週クリサワで延長戦。これまた嬉しからずや。