読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

UV。

$ゆるくないべさ Vol.2
北のたまゆら

特にどうってこともないのですが、風呂上りにはビールが旨いの法則です。入浴前、入浴後にはほぼ400グラムくらい体重減の様相を呈したからといったところで、必要なのは水分で、プリン体は・・・(笑)
「脱衣所の携帯電話のご利用はおやめください。」と書いてあります。
そうですよね。デジタルカメラに通話機能が付いたのか、通話機能に優秀なデジタルカメラが付いたのか・・・。どっちでもいいのですが、自分が持つロッカーキーの周辺は・・・

$ゆるくないべさ Vol.2
動きが鈍くゼンマイを巻くか充電してやりたいくらいの爺さんとお子様を二人連れた若い父さん。いつもふざけては「年寄り叱るなこれから行く道。若者叱るな今来た道。」とコトバに出していますが。
まさにそんな瞬間でした。

若い父さんは、お子様二人の着替えを促し「ほーら、こうすればできるしょ。」すばらしい。(°∀°)b
自分の人生においては少し前に自分でやっていた光景。(笑)

爺さんは、何でも順番があるわけで、やおらタオルを出し、汗を拭き。一枚一枚身に着けること10分ほど(笑)

もちろん無粋ってもんだから、割って入るようなことはしません。

$ゆるくないべさ Vol.2
明日は我が身。そう思えど、ハイパー爺さんになって着替えに3分を切るタイムをたたき出したいと思うので、今日も外で走りました。内地じゃ桜の開花宣言。足元のぐちゃぐちゃ感も、春近し。冬と春の間の蠢き。

家に帰れば日焼けしちゃった。恐るべし紫外線。ウルトラばいおれっと

今来た道とこれから行く道の狭間に身を置いた後、鏡を見れば、肌の手入れをしたところで、もう関係ないくらい歳を重ねていることに気づきます。(笑)