じょっぴんかったか

昭和の中頃から電気炊飯器があるので「ちゃんとかましてから うるかさなかったっけ めっこになったべさ。」ということは少なくなったのかもしれません。あずましき国を探検してみればこれまた「たいしていっしょや。」と思えてしまいます。

ドボン。

$ゆるくないべさ Vol.2

北ノ選 笹庵
札幌市中央区北1条東11丁目15-25

グッチャグッチャのジャバジャバで凸凹ときたもんで、やめてけれという感じの路面状態の中今日も無事家路にたどり着きました。
春まだ遠く、本社の御前会議で決まったことを上意下達。各位が絶望とあきらめの新年度を迎えることを余儀なくされ、一緒に「ドボン」することを知らされた会議でした。時代劇に出てくる年貢に苦しむ小作農民のようです。なんくるないさは南方のコトバでさながら北のほうじゃやっぱり「ゆるくない」と言わざるを得ない感じです。

そんな思いを受け止める前にラーメンでした。

北海道の人は、電話に出れば「〇☓でした。」と名乗り。「おはようございました。」「毎度様でした。」何故過去形なのかは放っておいてください。そう言わさるんだから「しかたない。」「しかたない」も内地の御仁に「いつもホッカイドーの人はあきらめてそういうんだから・・・。」と窘められたことがあったっけな。(笑)

ラーメンでした。DXに450円の「かけラーメン」に目もくれずフツーの「ラーメン」。いつもながら鶏の出汁と脂。プリプリの麺。なんてたって、柚子胡椒とおろし生姜がばっちりあうラーメンはここだけだけだと思い込んでいます。かけラーメンよりDXなのは、柔らか鶏肉。

偶然ですがフライング気味の入店は、ラーメンをすするおっさんたち3名でした。ここは蕎麦屋さんです。(笑)そんなこんなですが、「かけラーメン」で完結することを知った昼です。
あまたのメニューがありますが、「ドボン」したことはありません。けっこういい。

しかしまあ、現実を理解しようとしないというのは困ったもんで・・・す。あ、査定の時期だった・・・。やっちゃった・・・ゆるくないわ。( ̄ー ̄;